イタリアを統一イメージで観光促進

Facebook logo Twitter logo Youtube logo Slideshare logo
Up

ラツィオ州 :ローマ(州都)、ティヴォリ、チヴィタ・ディ・バニョレージョ、ジェンツァーノなど

写真の上をクリックすると、フォトギャラリーが開きます。

 

ラツィオ州観光サイト www.ilmiolazio.it  
ローマ市観光サイト www.turismoroma.it 

イタリア観光省サイト内 www.italia.it/en/discover-italy/lazio.html 

 

西洋文化とキリスト教文化の発祥の地であり、湖と伝説、温泉と歴史、古道や緑に覆われた丘陵地帯を抱く土地、それがラツィオ州です。ラツィオ州を知ることは歴史本の頁をめくるかのようです。特に永遠の都ローマでは旅行者は目に入るものひとつひとつにより歴史の跡をたどることができます。ローマ法王が治めるヴァティカン市国もローマにあり、サン・ピエトロ広場の17世紀の柱廊、ミケランジェロの壁画「最後の審判」があるシスティーナ礼拝堂等の見所があります。

ラツィオ州はまた温泉の州でもあり、古代ローマ人は豪華な温泉施設を建設し、領土全域に普及させました。中でもローマ中心部にあるカラカラ浴場はその代表です。ローマ郊外のティヴォリもまた温泉地ですが、美しい芸術でも名声を博しています。それは見事な噴水や庭園、そしてルネッサンス期の豪華宮殿のあるヴィッラ・デステと、ハドリアヌス帝の別荘地跡ヴィッラ・アドリアーナで、この2つの別荘はユネスコの世界遺産に登録されています。またチェルヴェーテリとタルクイニアにあるエトルリア古墳も世界遺産です。

 
 
Powered by Phoca Download
Back to top