イタリアを統一イメージで観光促進

Facebook logo Twitter logo Youtube logo Slideshare logo
Up

モリーゼ州 :カンポバッソ(州都)、イゼルニア、テルモリ、自然と文化など

写真の上をクリックすると、フォトギャラリーが開きます。

 

モリーゼ州サイト www.regione.molise.it/turismo 

イタリア観光省サイト内 www.italia.it/en/discover-italy/molise.html 

 

イタリア中南部に位置するモリーゼ州は、アペニン山脈の尾根とアドリア海に広がる州。この州を訪れれば、山からの羊の群れの移動で自然にできた道"トラットゥーロ"が、隣接する2州の羊飼いたちと共に家畜移動をさせてきた歴史を目で見ることができ、まさに"発見"という感覚を味わうことができます。習慣と伝統が息づき、伝統工芸や、別の場所では消え去った古来の職業が残っていることは、他に例の無いこの地の特徴であり、モリーゼ州を"ピッコロ・モンド(小さな古代世界)"とする所以でもあります。

州の見所は、州都で歴史文化の中心地カンポバッソや、歴史の街イゼルニア、伝統工芸を今に伝える2つの街、鐘鋳造の街アニョーネ、古楽器ザンポーネの街スカーポリ、港の観光地テルモリや、ヴェナフロなどです。

 
 
Powered by Phoca Download
Back to top